上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
じゃんぐるじむGWフェアとは、こどもの城プレイ事業部の方々が主催し、首都圏の大学にある児童文化・人形劇のサークルの連合組織じゃんぐるじむと、首都圏の人形劇団体さんの緩やかなネットワークパペットマーケットが共同で運営を行っているイベントです。

そこに参加した部員の感想・決意をご紹介します。

H・Mさん(1年)
じゃんぐるじむGWフェアに初参加しました。私は当日のみ参加で、キッズ班として子ども達がする人形劇のお手伝いをしました。
キッズ班では子ども達と人形で話して人形の扱い方を覚えてもらったり名前を決めてもらいました。話す中で子ども達が、私たちが発想しないような人形の動きを考え出しているのに驚きました。
これからも積極的に活動に参加して子ども達に伝えたい想いを届けていきたいです。

M・Sさん(2年)
5月の3日から5日にかけての3日間渋谷の子どもの城で、多くの大学の方やパペットマーケットの皆さんとジャングルジムGWフェアを行いました。私は、情宣部門という、当日子どもの城の中を宣伝して回る部門のキャップをやらせていただきました。
フェア当日に子どもの城内を宣伝しながら回っていると、GWフェアに行ってくれた子どもが自分の服の袖を引っ張って「9階に行ったよ。人形劇楽しかったよ。」と言ってくれたり、人形をもって宣伝していたら人形をなでてくれたりなど多くの子どもの笑顔を見ることができたことが自分の中で最高の思い出となりました。
 これからの私の決意は、創価大学という看板を常に背負っているという自覚のもと、自分にとって「アヒルの鎖」とは何か、またその自身の考えをどうやって行動していくのかを問い続けて活動し、創立者が自身の最期の事業は教育であるとおっしゃられていることを忘れないで、自分自身教育者になったつもりで責任感を持って子どもと接していきたいと思います。またジャリ研の先輩・同輩・後輩の皆と仲良くしていきます。

M・Uさん(3年)
今回、じゃんぐるじむGWフェアにおいて、キッズ班のcapをさせていただきました。
キッズ班では、“キッズ人形劇団”という、子ども達自身に実際に人形劇の上演をしてもらうサポートをさせていただきました。人形を動かすということを楽しんでもらうのを目的に、まっさらなところから物語をつくり、当日は演技の指導など、子供たちの上演のお手伝いとして動かせていただきました。
子どもの発達も考えていかなくてはいけないため、どこまで演じることができるのか、人形の動かし方、セリフ、演技指導などの試行錯誤を繰り返しました。
人前で人形劇をするということは、「少し恥ずかしい」と思ってしまいがちですが、チャレンジ精神あふれる子ども達は、新しい挑戦に本当にたくさんが参加してくれました。中には、上演を終えた時、「もう一回やりたーい」と言ってくれ1日に2回も上演に参加してくれる子がいたり、2日連続でキッズ人形劇団に参加してくれる子もいました。2日連続で参加してくれた子の中には、1日目に上演をしたことを思い出しながら、自宅で練習をしてきてくれたそうです。この話を聞いた時、本当に感動しました。
子ども達に想いを届けることができるか。それは、どれだけ真剣に子どもたちと向き合い大切に接していけるかが重要になってくると思います。
これからも他団体さんとの連帯を大切に、また、ひとりを大切に、共に成長しあえる活動を目指していきます。

T・Hさん(3年)
5月3日~5日に、こどもの城で行われた『じゃんぐるじむGW人形劇フェア』に、つくる班のCAPとして参加させていただきました!
『人形をつくって、あそんで、みて楽しむ』をコンセプトにしている人形劇フェア。つくる班では、会場内で子ども達と人形づくりをしました。
初日からたくさんの子ども達が来てくれ、つくり終わった人形を『みてみて~・』と満面の笑みでみせてくれる子どもの姿、親子で仲良く人形をつくる姿、学生達が力を合わせてあたたかく楽しい空間をつくっている姿がきらきら輝く、とても楽しいフェアになりました!
なかには、毎年親子でGWフェアに参加してくださり、『毎年フェアにくるたび、はさみの使い方が上手になってるのよ』と笑顔で語ってくださった方もいらっしゃいました。
一番心に残ったのは、こどもの城のスタッフの方の言葉です。
『毎年このイベントを開いてるのには、すごく意味があると思うの。こういう、子どものための文化を、いつまでも絶やさないでいてね』
『子どもの幸福』を考え、活動するジャリ研。これからも、根本を忘れず、感謝の想いで、活動して参ります。
じゃんぐるじむGWフェアとは、こどもの城プレイ事業部の方々が主催してくださり、首都圏の大学にある児童文化・人形劇のサークルの連合組織じゃんぐるじむと、首都圏のある人形劇団体さんが共同で運営を行っているイベントです。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jariken.blog29.fc2.com/tb.php/6-dfe41e8e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。