上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<サマーフェスタ>



6月3日に地域発進部門(地発)の前期最大行事、サマーフェスタが行われました。
子どもたちと一緒にゲームをしたり、工作を楽しみました。普段は上演を行う創造発輝部門のメンバーも、子どもたちと折り紙などをして触れ合いました。短い時間でしたが、皆長い準備期間にたまった子どもたちへの想いを爆発させました。初めての活動となるメンバーも大勢おり、フレッシュな一日ともなりました。
以下に活動報告を掲載します。

入部して初めての大きな行事であるサマーフェスタに、私はジェスチャーゲームなどで子どもたちと遊ぶ、体動Gとして参加させていただきました。当日の朝は、子どもたちと仲良くできるかとか不安がありました。しかし、最初の子どもたちが来たときに、とても嬉しくなって不安や緊張がなくなりました。企画を通して、子どもたちが真剣に考えてるときの表情や正解したあとの笑顔がすごくキラキラしてて、自分たちで作った企画で子どもたちのたくさんの表情や笑顔が見れて、本当に嬉しかったし学ぶこともたくさんありました。これからもサマーフェスタで学んだことや感じたことを忘れず、子どもたちと一緒に最高の思い出を作っていきたいです。

                                         (1年 I、S)

私にとって、6月3日に行われたサマーフェスタはJARi研に入って初めての、子どもと直接触れ合うイベントでした。私がJARi研に入ったのは、あまり早い方ではなく、そのイベントの計画を立てることにも参加していなかったのですが、先輩方も同期も本当に歓迎してくれたのを覚えています。準備が始まると、作業作業の連続で忙しい日々が続きましたが、グループのメンバーの頑張る姿をみていつも励まされていました。そして当日、私は、仲良くできるだろうか、企画を楽しんでくれるだろうかという不安と、子どもたちと触れ合える楽しみとが半分ずつありました。しかし子どもと1対1で触れ合っていくにつれ、不安は消え、子どもとその感性に触れることができる喜びに変わっていきました。初対面の私に、相談をしてくれるような子もいて、本当に嬉しかったです。そして、このような充実の活動ができるのも、先輩方の信頼のおかげだと思い、本当に感謝しています。
 これから創大祭に向けて準備が始まっていきますが、これまで以上にチームワークを大切にし、子どもにもご家族にもJARi研にも喜びを与えられるような企画を創っていきたいです。

(1年 T、I)

今年のサマーフェスタもたくさんの子どもたちがきてくれました。
待ちきれなくて体育館に入ってくるとすぐに、企画のところへ行こうとする子どもがいて嬉しかったです。企画では自分の個性あふれた作品ができあがったり、JARi研とコミュニケーションをとりながら楽しくゲームをしていたり、記録を更新するために何度も挑戦してくれたりと、とても充実した時間を過ごすことができました。創発のコーナーでもたくさんの子どもたちがJARi研と一緒に折り紙を折ったり、七夕の短冊を書いたりしてくれました。無事故で大成功のサマーフェスタになりました。G長副G長をはじめ、みんなありがとう!!地域の方など縁する人への感謝を忘れずに、これからも誠実な振る舞いで活動していきます!

                                         (3年 A、T)
ホームページサマフェス
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://jariken.blog29.fc2.com/tb.php/26-abc2ff64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。