上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
《夏休みの活動(キャンプ、学習ボランティア)》
地域発進部門では、夏休みに、子どもたちとのキャンプや小学校での学習ボランティアなど、さまざまな活動をさせていただきました。ここではキャンプと学習ボランティアの感想を掲載します。



今年の夏休みに、児童館や学童保育所の子どもたちとキャンプに行ってきました。児童館活動にはよく参加させていただいておりますが、キャンプは1日を通して子どもとふれあえるということもあって、新しく気づいたことや学んだことがたくさんありました。
例えば、多くの子どもたちがいるなかで、一人一人に目を配る難しさや、いかに子どもたちが主体となってキャンプでの班生活を楽しめるかなど、いろいろなことを考えさせていただける貴重な体験でした。また、子どもたちは初めて会う他の児童館、学童保育所の子と班になって活動を行いましたが、キャンプを通して仲良くなり、友達の輪がとても広がっていました。子どもたち同士で見せあう笑顔で仲の良さを感じました。そして私自身も、多くの子どもたちと関わることができ、多くの子どもたちの笑顔を見ることができて良かったです。
キャンプが終わり、子どもたちとお別れするのは本当に寂しかったです。だからこそ、また成長した子どもたちに会える日を楽しみにしています。

                                              (K、K)

私は小学校の教師を目指しています。長房小学習ボランティアに参加させていただき、大変良い経験ができました。小学校の先生方と活動させていただき、教師という仕事の魅力や大変さを肌で感じ、また、子どもたちの元気な姿を見て、より一層小学校の教師になりたいと思いました。
私はこの活動でいろいろな個性を持つ子に出会いました。算数が好きで上級生のドリルまで頑張った活発な子、算数が苦手だけど、シールを全部もらってとても喜んでいた努力家な子、答え合わせの時に鼻歌を歌っていたかわいい男の子、別れ際に最後まで手を振ってくれた女の子…。みんなの笑顔で私はとても幸せな時間を過ごせました。私も子どもたちに幸せを感じてもらいたい、そのためにどうすれば良いか日々考えていきます。そして、この活動で大変お世話になりました、先輩方、先生方、施設を貸してくださった方、おいしいお昼を用意してくださった方々、本当にありがとうございました。

                                              (Y、S)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。