上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.11.10 第45回創大祭
... 続きを読む
スポンサーサイト
2014.11.27 第44回創大祭
10月11日から13日に創価大学の最大行事である、第44回創大祭が行われました。
JARi研は、12日と13日の2日間に渡って、地域発展部門(地発)はわんぱくとして、創造発展部門(創発)はおとぎとして、それぞれ自分たちが考えた企画や上演で、子供たちと素敵な思い出の1ページをつくることができました!
ここで、部員の活動の感想を紹介します。


いつも参加する創大祭が、初めての運営する創大祭でした。この楽しい行事はこんなにも前からたくさんの人が寝る時間を削って作られているのだと知りました。私もたくさんのことを学ばせていただき、成長できた創大祭でした。


(1年 K.I.)



去年の創大祭に参加して
サマフェス以上に子供達と触れ合うことができるようになったことで、JARiの楽しさや大変さを感じたきっかけになりました。
後輩が入ってきて創大祭の活動をしていく中で彼らにもJARiの活動がどんなものか、JARiの活動の楽しさを感じてもらって僕みたいなきっかけをつかんでもらいたいなと思って副Gもやりましたが、しっかり4期に
活動の楽しさを伝えることができたと思います。
僕自身も余裕を持って
創大祭を楽しむことができたので自身の成長も感じれました。これからも
JARiの醍醐味を感じながら
伝えていけたらなと思いました。

(2年 K.I.)



今年の創大祭は自分にとって二回目でした。
今年の創大祭ではサマフェスでは関わることの出来なかった44期さん、42期さんともあまり参加は出来ませんでしたが、話をしたり活動することができ、いろんなことを学ばせていただきましたし、本当に楽しかったです。
そんな創大祭を経験することが出来たのも、G長、副G長、同じ43期ジャリ部門のみんなのお陰で本当に感謝してもしきれないです。ありがとうございました!

(2年 H.S.)



今回41期グループとして人形劇にも挑戦させていただき、創大生としての最後の、そして最高の思い出を子どもたちと44期から41期までのジャリ研のみんなとつくれたことに感謝です!素敵な思い出を本当にありがとうございました(*´︶`*)

(4年 K.H.)



創大祭で私はとても良い経験をさせて頂きました。人形劇での上映ももちろんですが、子どもたちと一緒に行ったワークショップがとても心に残っています。

子どもたちが一生懸命飛び出る本を作っている姿がとても可愛らしくそして、とてもかっこ良かったです。


(1年 R.M.)



創大祭の1日目は運営役員、2日目は2回のパネルシアター上演を無事に終えることができました。3日目は台風の接近により、残念ながら創発は午前中の人形劇上演のみの活動にだったので、私は見守るだけでした。それでも上演に来る子どもたちを楽しみにしていたのですが、やってきた子どもはたった一人でした。手遊びから始まり、人形劇、『いちばんぼしがかがやくとき』と予定通りに進む中で、その場にいる大人やJARiのメンバー全員が一体となり、たった一人の子どもを見守る雰囲気が自然と育まれていることに気がつきました。これこそ‘‘目の前の一人を大切に”というJARi研の方針を体現した瞬間であり、JARi研の活動の本質であると感じました。上演内容はいつも同じですが、上演をする度に異なるその場の雰囲気をもっと大切にしていこうと思いました。


(2年 S.H.)



私は今回人形初挑戦ということでどきどきでしたが、なんとかやり遂げることができ、改めて物語りを通して子どもに想いを届ける楽しさを感じることができました!最後に大好きな41期と最高の上演ができてとっても嬉しかったです!JARi部門をはじめ、後輩のみなさん本当にありがとうございました❤︎


(4年 Y.I.)








《夏休みの活動(キャンプ、学習ボランティア)》
地域発進部門では、夏休みに、子どもたちとのキャンプや小学校での学習ボランティアなど、さまざまな活動をさせていただきました。ここではキャンプと学習ボランティアの感想を掲載します。



今年の夏休みに、児童館や学童保育所の子どもたちとキャンプに行ってきました。児童館活動にはよく参加させていただいておりますが、キャンプは1日を通して子どもとふれあえるということもあって、新しく気づいたことや学んだことがたくさんありました。
例えば、多くの子どもたちがいるなかで、一人一人に目を配る難しさや、いかに子どもたちが主体となってキャンプでの班生活を楽しめるかなど、いろいろなことを考えさせていただける貴重な体験でした。また、子どもたちは初めて会う他の児童館、学童保育所の子と班になって活動を行いましたが、キャンプを通して仲良くなり、友達の輪がとても広がっていました。子どもたち同士で見せあう笑顔で仲の良さを感じました。そして私自身も、多くの子どもたちと関わることができ、多くの子どもたちの笑顔を見ることができて良かったです。
キャンプが終わり、子どもたちとお別れするのは本当に寂しかったです。だからこそ、また成長した子どもたちに会える日を楽しみにしています。

                                              (K、K)

私は小学校の教師を目指しています。長房小学習ボランティアに参加させていただき、大変良い経験ができました。小学校の先生方と活動させていただき、教師という仕事の魅力や大変さを肌で感じ、また、子どもたちの元気な姿を見て、より一層小学校の教師になりたいと思いました。
私はこの活動でいろいろな個性を持つ子に出会いました。算数が好きで上級生のドリルまで頑張った活発な子、算数が苦手だけど、シールを全部もらってとても喜んでいた努力家な子、答え合わせの時に鼻歌を歌っていたかわいい男の子、別れ際に最後まで手を振ってくれた女の子…。みんなの笑顔で私はとても幸せな時間を過ごせました。私も子どもたちに幸せを感じてもらいたい、そのためにどうすれば良いか日々考えていきます。そして、この活動で大変お世話になりました、先輩方、先生方、施設を貸してくださった方、おいしいお昼を用意してくださった方々、本当にありがとうございました。

                                              (Y、S)



いいだ人形劇フェスタ
☆いいだ人形劇フェスタ☆
長野県飯田市ではいいだ人形劇フェスタという市をあげての人形劇のお祭りが行われました。
8月2日からの期間、JARi研としても参加させていただきました。活動の報告を掲載します。



いいだ合宿では、とても楽しく、充実した5日間を送ることができました。
まず上演では、自信をなくしたり、悩んだりしながらも同期と語り合い、また先輩方に支えていただいたことによって、人形グループみんなの想いのつまった今できるかぎりの最高な上演をすることができました。
また、いいだでの上演を通して"自分たちのしていることは子どもたちの心に種を植えることだ"ということを強く実感することができ、上演に対する意識が大きく変わりました。
そしてこの5日間で、同期というものの存在の大きさを学ぶことができました。また、先輩方の姿を見ていくなかで自分もこんなふうに成長していきたいとあらためて決意することができました。
このようにとても意味のある5日間を送る上でたくさんの方々に支えられました。激励をくださった創立者、地域の方々や、共に楽しい時間を過ごした先輩、同期をはじめとするこの合宿を支えてくださったすべての方々への感謝を忘れずに、これからも子どもの幸福のために活動していきたいと思います。

                                               (M、S)

私たち児童文化研究部は8月2日から6日まで長野県飯田市の人形劇フェスタに参加してきました。
このお祭りは飯田市の最大のイベントであり、公民館や学校など多くの場所で公演が行われます。
外国からの観光客も多く、たくさんの人でにぎわっていました。
その中で私たちは、「創価大学児童文化研究部☆エピカルド」として出演させていただきました。
前日から人形劇団の方たちと最終確認をし、指導もしていただきました。
伝えるとはどういうことか、どうすれば伝わるのかということをみんなで今一度話し、来てくださった人たちに自分たちの思いを伝えようと再び決意しました。
本番では、子どもたちの素直な目や、涙を流して見てくださる方に本当に感激しました。
伝えるということがどれほど難しく、そして大切なことかを実感すると共に、人のあたたかさを心から感じることができました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
これからもJARi研一同、子どもの幸福を探求し、追求し続けていきたいと思います。

                                                  (S、S)

今年の夏、いいだ合宿へ行かせて頂きいいだ人形劇フェスタに参加させて頂きました。その中で2度の上演の機会を頂きました。1度目の上演では、パネルシアターの難しさを痛感しました。そこでの反省点を活かし、2度目は本当に楽しく上演することができ、子どもたちの笑顔で幸せな気持ちになりました。また、他団体さんの上演も見せて頂き、そこから学ぶことは本当に沢山ありました。上演の他にも「ワイワイパレード」「りんごん」など、子どもたちや地元の方々と接する機会もあり、子どもたちの元気なパワーや地元の方々の温かなお気遣いのお陰で、本当に楽しい合宿を過ごすことができました。今回、42期の仲間や41期、40期の先輩方から多くのことを学び支えてもらいながら、最高の感謝の合宿を過ごすことができ、絆も深まったと思います。いいだ合宿で学んだことを忘れず、子どもたちの笑顔と幸福のため、更に良い上演を目指していきます。


                                                   (Y、K)

//八王子人形劇まつり//

6月10日に創造発輝部門(創発)のビックイベント、八王子人形劇まつりが行われました!
この日に向けて練習してきた人形劇とミュージックパネルシアターの上演をしました。たくさんの方々が来てくださり、笑顔であふれたひとときとなりました。他団体さんの上演からも学ぶところが多く、初上演のメンバーは特に新鮮で有意義な時間となりました。
部員の活動報告を載せます。


八王子人形劇まつりに参加し、実際に人形劇を上演して思ったことは、人形劇は簡単ではないと思いました。
上演にむけて42期同士や先輩方と意見を交わし試行錯誤しながら日々の練習に励みました。いつも頭の片隅には子どもたちが見ているイメージで練習しました。
人形劇まつりの中で他団体さんの上演を観ることができました。その上演をとおして、まだまだ自分には出来ることがあると気付きました。また直前まで激励してくれた先輩方には感謝の気持ちとともに改めて尊敬の念を抱きました。
八王子人形劇まつりを終えて自分達の上演を観たときにやはりまだまだ改善する部分はあると思いました。しかし私たちならではの演技ができたとともに楽しんでできたということがよかったと思います。
今回は、この劇に携わってくれた方々に感謝の念と、まだまだ自分は上を目指せるんだということに気づけたとても充実した劇でした。

                                       (1年 K、N)

今回初めて子どもたちの前で上演しました。上演の前は不安と緊張があったけど、子どもたちがパネルを見て笑ってくれた顔を見ると自然と自分も笑顔になっていました。改めて子どものパワーを実感し、これからもっともっといい上演をして子どもたちに喜んでもらいたいと思いました。

                                       (1年 M、K)

私は創造発輝部門に入ってから、今回の八王子人形劇まつりが初上演でした。当日は多くの子どもたちや、大人の方々が観にきてくださったおかげで、大成功の上演となりました。私は、一年生のときは地域発進部門として活動させていただきました。しかし昨年の夏に参加させていただいた、いいだ人形劇フェスタをはじめとして人形劇にふれる度に、その良さに気づき、次第に自分も関わりたいと思うようになりました。その結果、一年生の春休みに人形グループに入ることを決断しました。何もわからない中で、自分を支えてくれたのは頼りになる41期の仲間と、何でも相談できる優しい40期の先輩方、そして何より忙しい中最高の上演を目指して、本当に頑張ってくれた42期の素晴らしい後輩達でした。私は小道具として出演し、42期の懸命に想いを伝えようとする姿を間近で見ることができ、心の底から感動しました。他団体や地域の方々、すべての人に感謝したいです。
                                       
                                      (2年 M、I)

ホームページ八人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。